悩める沢村にアベのムチ!G・阿部「『親の敵投法』になっている」

 「150キロのストレートと140キロ台のフォークでは緩急がつかない。『親の敵(かたき)投法』になっている」  阿部が指摘したのは、全力投球の弊害だった。その場で沢村のフォークボールの握りを確認。「上原さんの握りを知っていたから教えた。もっと深く握れと。そうすれば球速が落ちるから」と、2008年まで巨人でエース、守護神として活躍した現レッドソックスの上原浩治投手(41)の“伝家の宝刀”の握り方を伝授した。

http://rss.rssad.jp/rss/artclk/ba3Nv95leBaa/6afabe44e859c8e22ac496561e553985?ul=ok.9d5y9iHX4sH7h_cFwGP9mcgoyc2wARLi8HQpgnfcBDZ54467Ng6ncsj_EZY34eAChYC6m9EZ1s5F4WB0ETKIWsfatJXQKstfeqrAXyjgxgE_hq