松山は首位と1打差の3位、遼は予選落ち/米男子

人気記事

 フェニックス・オープン第2日(3日、米アリゾナ州・TPCスコッツデール=7266ヤード、パー71)2位から出た松山英樹(24)=LEXUS=は4バーディー、1ボギーの68で回り、通算9アンダーで首位と1打差の3位で決勝ラウンドへ進んだ。通算10アンダーのアン・ビョンフン(韓国)とブレンダン・スティール(米国)が首位。17位から出た石川遼(25)=CASIO=は2バーディー、5ボギーの74と乱れ、通算イーブンパーで予選通過に1打届かなかった。

http://rss.rssad.jp/rss/artclk/ba3Nv95leBaa/c66118a0cb2e21eb8869942e4ca058a4?ul=HevYHgUc8Br1tyjkcA6Jt741Y_nxDrHJFOWzsevPVyqt8jsqU_L5bFuWGWST3Fs6x.Dwb3ajuDVYKGjG3bMb_hOcrBGGontRsu6fwfD3WQ6aqKEsA