阪神・金本監督、負傷交代の球児は「多少腫れあった。無理はさせられなかった」

 (セ・リーグ、阪神6-0中日、4回戦、2勝2敗、28日、甲子園)阪神の藤川が負傷で途中交代した。九回から登板し、先頭大島の投手強襲の当たりに右手で反応。遊撃手がカバーし、打ち取ったが、治療のためベンチに下がり、マウンドに戻らず松田と代わった。金本監督は「投げる手に当たった。多少腫れがあった。無理はさせられなかった」と説明した。

http://rss.rssad.jp/rss/artclk/ba3Nv95leBaa/d3a73f2a2b374b1da4efe6aacaa4e9d8?ul=omoCEPIOvdYrdVE6Zs5K95wen9aje5o8oHgbjOfocATIfc2.r787acnmm9998_Ic4.Sjc6Cs7NBgI0YMrPz.Qo8Aq8UxguWm3PsA740CFEz1J7C6K