西岩親方、稀勢は「きょうのような相撲でいい」/夏場所

 大相撲夏場所6日目(19日、東京・両国国技館)左上腕付近に負傷を抱える横綱稀勢の里(30)は平幕大栄翔(23)を浴びせ倒し、4勝目(2敗)を挙げた。横綱白鵬(32)は平幕遠藤(26)を押し出し、横綱日馬富士(33)は平幕碧山(30)を寄り切り6連勝。大関とりの関脇高安(27)は関脇玉鷲(32)に押し出され、土がついた。勝ちっ放しは白鵬、日馬富士の2人となった。

http://rss.rssad.jp/rss/artclk/ba3Nv95leBaa/be79fb21a766ea584f51867529ed8aa5?ul=WzZLNnE8N7Iyeys5vSf5aM2NWF_mseCBsEKTVvlHevNsQX4uEa2OO5w4x38HgTGKhLHJklK9cgc3UQVsTEljRz3eljkwfwemJN8KWcQMwlQZnYJQJ