アジアでの優位性すら失った「自分たちのサッカー」 日本は戦い方の幅を広げるべき

 【No Ball,No Life】各大陸王者などが争うコンフェデレーションズ杯(ロシア)が2日に閉幕した。若手中心のドイツが優勝、南米王者チリ、欧州王者ポルトガルが続く順当な結末といえる。一方、アジア王者の豪州は2分け1敗で1次リーグ敗退。来年のロシアW杯に向け、改めてアジアと世界の差を痛感させられた。

http://rss.rssad.jp/rss/artclk/ba3Nv95leBaa/18cb242b6e38ad462fae78f2d206df3e?ul=xNaURCodwz5.G5Dh.ounvfJGUUf_OUwhVbBLR0pDZGhk8Zwpb97A77p30._GsZMoga5RQKLTnQrUg7gLjZ3c7xGKaJ8ae.6EZz79xtvLpFLQJyHHZ