コストナー、母国で首位発進「スケート人生はすばらしいものになった」/フィギュア

 フィギュアスケート・世界選手権第1日(21日、ミラノ)女子ショートプログラム(SP)で平昌五輪4位の宮原知子(19)=関大=は74・36点で3位、同五輪出場を逃した樋口新葉(17)=東京・日本橋女学館高=は65・89点で8位だった。カロリナ・コストナー(31)=イタリア=が自己ベストの80・27点で首位に立ち、同五輪で金メダルに輝いたアリーナ・ザギトワ(15)=ロシア=は79・51点で2位。銀メダルのエフゲニア・メドベージェワ(18)=ロシア=は右足の痛みのため出場していない。

http://rss.rssad.jp/rss/artclk/ba3Nv95leBaa/3a6c8ddf0c54a2cf96294f9ca85f29d3?ul=sQeQKsB4.MojqfGrQfkUymJwtBUcH2tDzX1r.nCDOpPhVGJEBI.Dx211gWPI4bLfxAgaSjo.aNvyJBUeC5FuE.VHgDZL2rBzNxc.TCjN5NC8zW5XN