浪商の「肘打ち」で再調査 大阪高体連/ハンド

 6月に行われたハンドボール男子の全国高校総体大阪府予選決勝で、大体大浪商の選手の肘が桃山学院の選手に当たる反則行為が試合後に認定された問題で、大阪高等学校体育連盟(大阪高体連)は6日、再調査を開始したことを明らかにした。5日に桃山学院から届いた要望書に対応した。

http://rss.rssad.jp/rss/artclk/ba3Nv95leBaa/1d0e9b836cb3c543772d13bb9c7c03ce?ul=GhApZ8.P3d6jF_xF7Dpk4ecYLyhZL97nbr2bTwb8.JzEkUD6ptbst72_W4VYioc37VeS1gWYWn5es.qgvsyjya_7hNMwNVq_Hmpf.vs.6PEbZxY3k